昨年あたりから健康食として話題になっている「寝かせ玄米」「酵素玄米」と呼ばれるもの。玄米といえば硬い食感を思い浮かべる人も多いけれど、これらは、もちもちとした、香ばしい味わいが特徴で、おいしく続けられる玄米食として注目されています。小豆、塩、玄米を炊き、何日か(3日以上)熟成させたもので、熟成により、小豆に含まれるタンパク質がアミノ酸に分解されることで甘味や旨味を増し、玄米も甘味、旨みが増すほか、炊き上がり時に比べ余分な水分が飛ぶことでもちもちになるようです。

普段、炊飯ジャーの保温機能をほとんど使わないので、3日間も保温することに抵抗がありなかなか重い腰が上がらなかったのですが、最近、風邪がなかなかすっきり治らなかったり、子供から風邪をもらいやすかったりと、免疫力が落ちているなぁと感じ、試してみることにしました。

炊きたて

3日後

3日後、色は赤茶け食べるとお赤飯のようなもっちり感があり香ばしく、見た目だけではなく食感まで普通の玄米とは別物でした。出来るだけ続けて効果を実感したいなぁと思います。